幼少期は夢をきっかけに前世の記憶を思い出すことがよくあります。

前世夢とは

 

眠る子供

前世夢とは、前世の頃の記憶の夢を見ることです。大人よりも子供のころに頻繁に見るのが特徴です。
大人の方だと、遠い昔の記憶の夢を何度も見る機会はありませんか?
たとえば、学生時代の夢やすでに退職した前の職場のころの夢や、別れた昔の恋人とデートしている頃の夢などがあります。

 

夢は自分が見たいと思っているものではなく、心の中で思い入れが多いころの出来事が出てきやすい特性があります。
心の奥底にある前世の記憶が夢になって蘇るということは頻繁にあります。

 

特に1~3歳くらいの幼少期は夢をきっかけに前世の記憶を思い出すことがよくあります。

 

 

経験していないのに、何度も同じ夢を見るのは前世夢の可能性が高い

現在の生活環境とは全く違うシチュエーションの夢をよく見ることはありませんか?
それは前世の記憶が残っているため、何度も繰り返し同じ夢を見ている可能性があります。

 

特に前世の終わりが戦死だったり、過酷な環境だった場合は子供のころに繰り返して怖い夢として何度も見る機会が多いです。

 

ちなみに、幼少期のころは、前世の記憶が残っていると言われています。
(参考記事:幼少期は前世の記憶がある?)

 

赤ちゃんは寝る前に泣くことがよくありますが、それは寝る行為を怖がっているからだと言われています。
もしかしたら、赤ちゃんは前世のころの辛い思い出の夢を見ることが多いので寝る前に泣いたり、起きたときに夜泣きしているのかもしれません。

 

 

前世夢をよく見る方は、占いで求めていた答えがみつかりやすい

本来は経験したことが無い夢をよく見る方や、子供のころに同じ夢が何度も登場した方は、前世の影響が強く残っているかもしれません。
前世占いを受けると精度が高い鑑定結果が出ることも多く、ずっともやもやしていたことが占いで解決するかもしれません。

 

特に大人になってから、突然前世夢の可能性があるような夢をよく見るようになったら、前世や過去や現在に関わっている周りの魂からのメッセージがあるかもしれません。
気になることがあれば、早めに前世占いの鑑定を受けてみるとよいでしょう。