文章のみで占いができる!メール・チャット占いの特徴やメリット

メール・チャット占いとは

「メール」「チャット」での占いは、どちらも文章のみでプロの占い師とコミュニケーションを取ることで行います。
それぞれ似たような仕組みですが「文章での占いは実際どうなのか」、そして「メールとチャットならばどちらが良いか」という2つの観点からサービスへの理解を深めていきましょう。

 

料金の考え方・相場について

メール占いの場合

メール占いのイメージ

メール占いでは、料金計算は基本的に「1往復」という単位で行われます。
相場は「2,500円~5,000円」です。

 

しかし、“相談内容1件につき”という料金計算の場合もありますので、しっかりと料金設定を確認した上でやりとりを開始しましょう。

 

チャット占いの場合

チャット占いをする様子

チャット占いでは、メールより短い文章でキャッチボールをしながらやりとりを行うため「1文字」という単位で料金計算が行われます。
相場は1文字「2~5円」あたりが妥当です。

 

クロストークが基本なため“○分で×円”という場合もあるため、サービスの違いに注目しましょう。

 

メリット・デメリットについて

次に、メール占いとチャット占い双方のメリット・デメリットをご紹介します。
それぞれ一長一短があるので自分に合う方がどちらか確認してみましょう。

 

メール占いの場合

メリット

メール占いのメリットは「時間の制限がない」という点です。
電話や対面の場合は時間ごとに料金が加算されるため、人によっては結果を焦ってしまいます。
メールならばじっくりと考えた文章を送って返事を待てば良いので、こちらとしても正しく相談内容を伝えられるのです。

 

デメリット

次にデメリットを挙げるならば「顔が見えない」という不安感です。
顔はおろか、声も知らない相手に占いをされている気分は、一度冷静になってしまうと得も言われません。
メールの文章を考えている人が、実際に占いをしているか分からない点は文章ならではのデメリットです。

 

対面鑑定のメリットとは

 

チャット占いの場

メリット

チャット占いのメリットは「料金が抑えられる」という点です。
サービスによっては既存のメッセージアプリを利用すれば良いものも多く、必要な相談の分だけお金を支払えば良いので、コスト管理の面でメリットがあります。

 

デメリット

一方、チャット占いのデメリットは「長すぎる相談には向かない」という点です。
メッセージ文化になれた若者は改まった文章より砕けたチャットを好む一方で、ついついやりとりが長期化してしまえば、料金も相談内容も次第に不透明になってしまいます。

 

フランクな相談事にはオススメの占い

メール・チャット占いは、文章のみでやりとりを行うため、気軽に利用できる占いです。
電話や対面ではないため、時間に追われる必要もなく相談内容を伝え忘れる心配もありません。

 

しかし、占いならではのライブ感や、占い師との繋がりは多少希薄に感じられます。
あくまで対面や電話による占いのハードルが高い、時間がない等の理由がある利用者が積極的に占いに参加するためのツールとして活用する方法が良いのではないでしょうか。